• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





先日、島田市で開催をしました婚活パーティ

バイク仲間のホッとカフェ横山さんと主催14対14

十数人のお断りを入れるほど大盛況でした。

近年は男性陣が奥手でなかなか出会いにつなげられなかった教訓があり、
今回はネルトン方式で女子から告白タイムをつくりました。

13669198_1166460803407509_6874049803918956079_n_convert_20160730165215.jpg



結果、カップル数組成立


この方法、結構イケます。
おかげさまです

またやりますので、是非ご参加ください。



青山まさとら



スポンサーサイト



婚活パーティのお知らせです。

2016年7月29日 金曜夜8時〜島田市にて開催します。

今回は



繝帙・繝繝壹・繧ク菴懈・+483_convert_20160718155809
クルマ・バイク好き婚活  12対12。


女子はクルマ・バイクに興味のある方、男子はバイクもクルマもジャンルは問いません。
飲み放題なので電車参加がいいと思います。


会費男性5,000円、女性3,000円。

じつは島田市というのは、むかしからモーターマニアが多い地区として密かに有名です。
ハーレーダビッドソンからローライダー、ホットロッドにアメ車のショップも数件。
クルマとバイクに青春を注ぎすぎて今に至るそこのアナタ、イラッシャイマセ
きっといい出会いがあると信じています。

まわりのみなさんにもお声かけいただけたら幸いです。

幹事
青山まさとら、横山




市内で在来トマト発見。

15年以上同じ場所で,野生化していて連作障害なく、そんなトマト聞いたことがないので早速研究所に

13537764_1145949205458669_1316230996815554734_n_convert_20160718153853.jpg
近所の方が、「生え過ぎていらないから持って行っていいよ」と言ってくれましたが、
苗も買えば一本100円です
13507235_1145949108792012_7656350292793837818_n_convert_20160718153805.jpg
比較はできませんが、研究所の在来キャベツ一個とトマト苗80本を交換、いや、もはや交換ではありませんね。いただいてきました。




水はけの良い畑の最上部に植えました。

タネをつける野菜は最近ではマレです。
ミニトマトは品種改良されているといえタネをつけるものもありますが、、。

市内には10種ほど在来や固定種が残っていますが、高齢者がひとりで家庭菜園でタネを継いでいる状態がほとんどです。
お母さんや近所のお婆ちゃんがタネを取って毎年栽培していう野菜がありましたら是非、タネを受け継いでおいてください!

子や孫のために!
循環型社会のために重要です!

ちなみに伝統農作物研究所「うちの畑〉では伊太ダイコンを筆頭に市内外の在来野菜を18種栽培しています。
タネを守りましょう!

青山まさとら





拡張型心筋症という病気で、生後まもない女の子が命の危機にさらされている。
そう、複数の友達から連絡をもらった。
牧之原市に住む はなちゃん 生後5ヶ月のイノチを救おうと、友人がたちあがり、僕にも協力要請がきたのです。

連絡をもらったその週の週末に、静岡県母親大会が島田市内であり、出店や活動受付はとっくにすぎていましたが、
実行委員の方々のおかげで急遽募金活動をさせていただくことになりました。

ボランティア活動に声をかけたところ、
仲良しの家族3組、子ども7名、救う会事務局の友達、
そして20歳前後の友達も10名ほど集まってくれました。


1時間半で24万8179円の募金を皆様から預かりました。

ご協力ありがとうございます❗️


みなさまの思いが届きますように!!


青山まさとら



田植えしました。
畑とは違った視点で色々考えさせられます。

食料自給率12%の島田市では毎年1000筆の田んぼが消滅しています。


現代農業は、見返りを求めるのが厳しい時代ですが、

僕たち世代は大井川の水や田畑を途絶えさせるような自立できない国づくりに歯止めをかけられる最後の世代です。

そのためには先祖伝来の価値観を今一度掘り起こし、
僕らなりの工夫を織り交ぜる必要があります。

今さえ切り抜ければそれでいい、そんな政治から脱却しましょう

青山まさとら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。