• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ここ13年ほど、1年のうち数ヶ月旅をしている。
日本国内だったり海外だったり、深山だったり。
旅で得たものは、月並みだけど学校では教えてくれないことばかりだ。
義理、人情、感謝、内向
いまでは珍しい言葉といったら誤解を招くだろうか。
旅は、これらが思い切り詰まった学習意欲の塊だ。

5年ぐらい前だったか、父親に「おまえの旅は中途半端だ」と言われたことがある。
その頃といえば、好きなところだけ行って、現地の友達にあって、その友達に世話になることばかりだった。
人々からの正義、道理、人情、感謝の気持ちを甘えて得ていた時期だ。
いまでも友達に会えば世話になることばかりだが、
昔と少し違うのは、現地についても外へ走りにいくことかもしれない。
安全地帯を抜け出したところには無数の学習機会が転がっている。

インターネットの時代である。
手に入れたい情報が瞬時に、思いのまま手に入る。
情報こそ発展、発展こそ便利、便利こそシアワセ・・。それも間違いではない。
不便こそ面倒、面倒こそ今を知り、今を知ることで後に繋げられる。
かけがえのないものを多岐にわたり再発見できる。
真面目に言える。旅は学校だ。

目でみて心で確かめる情報には感情や感動、それにその時の想いや思いまで交錯する。
楽しい、悔しい、悲しい、辛い、そしてそこから放出されるアドレナリン、ドーパミン。
木々が変色を始め、花々が咲いたり枯れたり、数年ぶりにあう友達がやけに年をとってたり。
全身全霊で「感じるもの」には、人生のスパイスがねじこめられている。

心の洗濯、人生を考えるためなど、旅人には様々な旅への想いがある。
でもじつは旅に理由付けなんて不要、ただ行きたければ行けばいい。
旅は素晴らしい勉強法。「行動」にクサビを掛けたがる自分自身を解き放て。
人生は学習そのものであり、勉強する気持ちに老い若きはない。
さあ、早く旅に出ろ。仕度する間に気が変わらぬうちに。
机の上では学べない人生の再発見がそこに待ち受けている。
発見したらそいつを家まで持ち帰り成長させること。
メモだけは忘れるな。
あと歯ブラシも。

明日からしばらく旅に出る。
自分に足りないものや確認できていないものも含め期待してはいけないのだが学校には期待がかかる。
政府や霞ヶ関に相談してもいい返事がない。とりあえず現地付近まで行って交渉する。
どうなるか予想がつかないが、行動しないことには可能にならない。
まず一歩。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。