• 10<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >12

金はなくても水さえあれば生きていける。

それを揺るがすことが起きています!!!!

南アルプス直下

リニア新幹線のトンネルを通すと、

毎秒2㌧の水が減るとのJR東海の試算がでました。

毎秒2㌧の水とは、

大井川水系で生活する7市63万人の水利権量と同じです!!



死活問題、重大な事項ですが企業側から島田には説明なし。

工事が予定通り進めば僕ら大井川水系の住民は水を買う生活から逃れられなくなるでしょう。



山梨県上野原市では、

リニア新幹線の試験工事をしたところ、

近隣の井戸渇水で、補償がはじまります。

金は浄土に持っていけません。

この工事が着工すれば私たちが子孫たちに残せるものが、またひとつ、消えてしまいます。



想像してください。

ご先祖さんが神とうやまい、信仰してきたお山は、

僕らの代で穴が空き、僕ら世代がこの世から去ったとき、ポッカリ大きな穴がお山に空いていた。

子孫たちは生活を守ってくれなかった我々先祖をどう思うでしょう。

尊厳を失った墓は廃れ、人は日本人をやめてゆく。

愛国心がない国で、どうして国を守れましょう。



僕は、若い頃たくさん悪いこともしてきました。

30歳の時、自分よがりのままバイクで世界一周をして、

たくさん苦しんでいる人に出会い、その人たちに助けてもらった。

帰国して、東北の被災地で大変な思いをされている方たちに寄り添い、

そしてそんな大変な思いをされている被災者の方々にも助けてもらい、

感謝の気持ちで一杯です。



壊滅した被災地をみて、自分は日本人として、なにができるのか、ずっと考えていました。

たくさんの方から応援をもらって議員に当選させてもらい、

そしてこの問題がでました。


僕は自分の役割を見つけました。



夕日にキラキラ輝く、脈々と流れる水を称え、

外国人は日本を「黄金の国ジパング」とよびました。

ジパングを、消してしまっていいのでしょうか。

僕らは、子孫たちになにを残せるでしょうか。

そればかり、考える日々です。



東北の応援歌「花は咲く」の一節

「私はなにを残しただろう・・・」

未来永劫に影響する危機に直面し、責任を感じています。




この危機に声をあげていくのは勿論ですが、

第二東名しかり、日本がなぜ取り返しのつかない工事をここまで進めてきたのか。


根源には敗戦あとの学校教育が関係していると確信をもっています。

近頃80歳を超えた元教員を訪ね歩いて戦前教育の情報収集をしています。

山の役割と歴史、現状は、今の子どもたちには、特に知る権利があります。


財政がいくら厳しくても、


生命活動のあらゆる根源である「水」さえあれば、


この地にずっと生きていける。



皆さん、注意深く監視する必要あります!



11月28日 川根本町中央小学校 人づくり講演会

11月29日 地元自治会     防災講演会

12月2日 関市立小金田中学校 人権講演会 

12月4日 島田市議会     一般質問(6番目登壇14時過ぎ) 

上記予定すべてにおいて問題を取り上げたいと思っています。

何卒、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。


いつも、ありがとうございます!

青山真虎