みなさまこんにちは。

突然ですが、マヤ文明をご存知でしょうか。
中米に広がるジャングルで繁栄を極めた文明です。
ジャングルなので食料には困らなかったため栽培はおこなわず、太陽暦の研究に多くの労力を費やせた。
そのおかげで、高度で正確な時間軸をもっていた文明です。

そんなマヤ暦を、金谷地区が取り入れたとウワサが流れたので、確かめに行きました。
IMG_1847_convert_20150721114519.jpg

問題のJR金谷駅にバイクで行くと、岸本のオヤジさんがすぐ後ろをバイクで追いかけてきていました。
オヤジさんは最年長のバイク友達で女優岸本加代子のおじさん。たしかに鼻の下が似ている。
一緒に問題になっている駅前ロータリーの時計をみながら「うーんズレてるね、マヤ暦かなぁ」とオヤジさん。
時計の針、最初は5分のズレだったようですが、半年かけて90分、未だスライドしつづけています。

時々金谷駅には行っていましたが私も気づくのが遅れてしまいご迷惑をおかけしました。
しかし、半年ものあいだ放置されていたことにびっくりです。
電車に乗ることが目的の駅に設置された時計、その役割は、もはや余計なお世話。
早急に直してもらうべく市に対応をお願いしました。

事実上、合併された旧市町村では執行権がなくなり、
島田でいうと元々大きなまちである旧島田地区に労力を注ぐ、そのおかげで合併した町ではインフラ整備があとまわしにされている感がどうしても否めません。
市の職員氏に聞くと大概それを否定しますが、
旧島田と旧金谷のインフラ整備の要望書をもっていっても、その対応に時間差を感じます。

地区ごとで公平性が保たれないことがつづくようなら、やはり予算の配分として、
各地区に直接的な予算付と執行権を与えるべきであると思っています。

私は金谷の人間ではありませんが、市議として、金谷がこうして廃れていくのがくやしくて悔しくてたまりません。


青山真虎