• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



先日、初倉小学校で講演させて頂きました。
地球のスライドショーです。

全校生徒350名いらっしゃいました。
1年生でも理解できる話をと、心がけての講演です。

世界のストリートの子と、自然界の様子、被災地の様子をお話させて頂きました。

日本の現状を話すこと、はっきりいって明るい話題ではなかったのですが、それでも質問コーナーでは70名ぐらいの子が立ち上がってくれました。
みな勉強熱心です。

時間の関係ですべてにお答えできず申し訳なかったです。


さて、お話の内容です。
自然界が滅びたら人間は生きて行けず、動物が不幸だったら人間もその影響を受けます。
毎日家のなかにいても動物や自然の気が伝わります。
そんな内容でした。
子供時代だからこそ、しっかり学ぶべき人間以外のことだと思っています。


最近の自然界はおそろしいです。
暴風竜巻大雨、なんでもありです。おこっていらっしゃるのでしょう。
先日、大井神社の片川宮司さんと面談したときのことです。
私は、自然界の天候をさし「神様は人間が嫌いなのでしょうか」という私のぶしつけすぎる質問に、
「いえ、そんなことはありません。気づいて欲しいだけですきっと」と宮司さんが答えられました。

笑顔をつくれるのが人間だけのように、自然界のメッセージを受け取りそれを行動に移せるのも人間だけです。


自然界の影響でしょうか、最近意味もなく不安になる小中学生がいるようです。
先週日曜日、島田市のおおるりで開催されていた市内中学生の美術コンクールを拝見した時のことです。
タテ線ばかりのお習字の筆で描かれた絵に目が止まりまして、説明を読むと不安を表した絵とのことでした。

夢を語れる世代が不安を抱くとは、なにごとか世の中よ。そんな気分です。

若い人が将来的にわたって疲弊しては私たち世代や先輩方を支える人がいなくなります。
若い人に熱気を呼び戻すにはどうしたらいいでしょう。

DSCN2800_convert_20121212193452.jpg

それでも初倉小のみなさんとても元気で、熱気に満ち溢れ、改めて子供たちから学ぶことの大切さを知りました。
ありがとうございます。

2年1組
青山まさとら





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。