• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こんにちは。


年末から2月にかけてリニア問題、食の問題、原発と、多岐にわたる活動をさせて頂いております。

その中でも一番緊張したのは、リニア新幹線における公聴会でした。
公聴会とは(県知事が事業者であるJRに意見書を提出する際に、県民の意見を参考にするためにひらく集まりです)
県主催の会に、私も公述人として参加。

1781422_206707892858817_1680075157_n_convert_20140225125930.jpg
大井川流域を代表させていただき今後に関わる発言をしました。責任重大です。とても緊張しました。

まず大井川の歴史を 縄文時代までさかのぼって話をしました。




公述内容は
1.リニア工事による大井川の渇水懸念と補償について
2.水質悪化への対処は薬品を混ぜるとのことだが詳細を示すこと
3.関係首長の意見を首長が納得するまでJRは複数回に渡って聞き取りすること
4.ご先祖から受け継がれたものを私達世代で台無しにするわけにはいかない等々

10分の公述でした。
用意していた文が5分で終わりましたので、
残りの5分はフリーで話をしました。

5.山の開発で居場所を追われた動物は里におりて畑から野菜をもらい、それを獣害とよびます。山は穴をあけられつづけ保水能力が欠如しつつあります、これらコトバを発しない「人々」の悲痛な叫びが聞こえてきます。人が本当の幸せを得るにはすべての生きとし生ける者が幸せでないと有り得ません。日本人が元々もっていた感覚、調和・共生を実践する必要があります。





その一ヶ月後、つい先日、県知事と面談をしました。
面談といってもすべて質疑応答です。

1.第一次産業の復活について (県議会は もっと議論すべき)
2.水、食、山についての意識をあげるために学校内外でどのような教育をすべきか (根本的な教育)
3.心の教育について

またリニア公聴会で傍聴者が定員半数だったことをあげ、リニアのこと、原発のことなど、
これからも静岡県民として生きていくための重大な質問をしました。

15分ほどお時間頂きましたが、知事から明確なお答えは頂けなかった気がします。
以前ですと県の大きな問題は知事みずから発言してくれましたので、今回についてはだいぶお悩みのようです。

たしかにリニアや原発は国策なので、知事がなんといおうと国交省のゴーサインで止められない可能性があります。
しかし私たちはこの土地でずっとやっていくと決めた以上、まだ生まれない 世代を超えた県民のためにも
しっかり対処をお願いしたいところです。



さて、来月は中学校での講演会が2本入っております。
母校の島田第一中学校でも3月7日午後より

人の役に立つことを前提として「脱おりこうさん」を話します。

さて、議会と政治活動におわれていましたので先日、今年に入って初休日をもらいました。心身バランスをとるには貴重ですネ。
バイクにも乗りました。30分だけ。
以前は年間350日をバイクで過ごしていましたので貴重な30分でした。
バイクは、登山やマラソンと似ていて自己に向き合うことができます。
リセットまではいきませんでしたが十分なリフレッシュになりました。


これからも地域が生き残るための問題に取り組んで参ります。ご指導の程よろしくお願い致します。

いつも、ありがとうございます!


青山まさとら










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。