• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



みなさまこんにちは

島田市議の青山真虎
マサトラです。

いつもお世話になっています。

一般質問の登壇時間が確定しましたのでお知らせいたします。
お時間よろしかったら、
是非議場に足をお運びください。

登壇
2015年3月10日
午後1時50分~




今回の議会では

金谷

について大々的にとりあげます。
以下、質問になります。


1.
島田市総合計画(後期基本計画)の中に、
金谷市街地ゾーンの計画的な土地利用について方向性が示されております。
旧金谷町の大きな発展のための元々の中心的存在である
JR金谷駅前通りの活性化について以下伺います。

1.JR金谷駅前通りの活性化について
(1)まず質問の大前提としてJR金谷駅前通りは活性化すべきと考えているか伺う。

(2)総合計画にのっとりどのようなアイデア・計画を考えているか。

(3)活性化をやる上での課題と、行政として最初に手をつけるべきはなにと考えているか。



2.旧金谷町の全体の課題とこれからについて
(1)大井川という一級河川を挟んだ市域として、
駿遠橋と国道一号線の間には一般の橋は掛かっていないが、
これは全国の一級河川で橋の掛かっていない区間としては何番目に長い区間か。

(2)金谷には代々すばらしい井戸水があるが、その利用率と問題点、
資源としての発信、今後の渇水対策についてどのように考えているか。

(3)新東名島田金谷インターチェンジ周辺の構想について、地域の協議会から提出された提言書をどのように反映させていくのか。また地方創生事業にどのように対応していくのか伺う。

(4)水害による避難勧告がでた場合の避難行動の指針を町内に配布したと思うが、
避難したことによるリスクについて触れたものか伺う。


3.市政が理想としている病院像と実際の建設予測について
(1)市長の目指す新病院像はどんなものだったか伺う。

(2)建設費250億円はマックスと答弁されていたが、これ以上の建設費は許容範囲か。
また現地建て替えの場合に法的義務が生じる道路拡幅や水路整備は建設費とは別で考えているか。

(3)建設コストや、建物の構造、療養型の病床数において、世代間の負担の分担の考え方について伺う。


再質問で市役所につめる質問をします。
一般質問というのは、出来レースです。
あらかじめ質問事項を通告しておいて、打ち合わせをします。
私は出来レースが嫌なので、今回、あらかじめ打合せしたのは初めてです。
金谷の街の活性化は急務となっていますが、市役所も打つ手なしという感じで、あまり期待はできません。



再質問以降の発言内容はいかに掲載します。

1.JR金谷駅前通りの活性化について
①金谷の町の活性化を、いつまでにどうするか、なんて質問しませんから、すべての職員が、金谷駅前の活性化を考えていいただきたいと思うのですが、どうですか。

②いろんなアイデアが市民からたくさんでている。元気市のような回流型中型イベントを定期的にやりたい旨の話を時々聞くが、活性化策を考えたとき、必ず駐車場の課題にあたってしまう。金谷南支所前に商店街駐車場があって市の所有ということだが、金谷外の多くの方は自由に停めていいことを知らない。そしてそこは10台程度しか停められず、そこだけでは中型イベントに対応したスペースもなく、活性化の一歩が踏み出そうにも踏み出せないでいる。
活性化策の根本的な課題として、駐車場のこと、これをどのようにお考えでしょうか。
既存の駐車場の発信、新規の駐車場の開設について、お考えを伺います。
いつまでに検討を?大鉄有料駐車場。お手軽な街じゃない。担当課に直接交渉行ったほうがいいじゃ議会不要。

②私たち市民は疲弊する商店街をどうしていいか分からない状態。市が主体性をもって、具体的に市民に提案できる活性化策はないか。

③JR金谷駅にSLを戻す交渉はつづけているか。継続は力ナリ。

2.金谷地区の全体の課題とこれからについて
(1)橋の問題
①とにかく不便なこの区間に、橋を掛ける要望は国におこなってきたか。何年要望してるか。

②橋というのは社会的有用性、経済効果が認められたところから順に工事をはじめる。
IC周辺の事情が動きだせば有用性は高まり、さらにIC周辺に経済効果が認められる。
橋ができればIC周辺の定義が拡大し、神座相賀伊太まで広がる。オレンジタウンのような課題も動き出す可能性がある。IC周辺が動きだすと同時に、再度強く要望をお願いして、活性化策にひとやく買ってもらうべく、橋の建設に取り組んで頂けるよう交渉をお願いしたいと思うが、如何か。


(2)井戸水
①リニア渇水では自然界の依存度がより高い金谷地区は影響を受けることが予測される。前回の定例会でリニアに関して私は、関係市町の首長と連携して意見をひとつにまとめ、それを発信することを強く要望している。その後どんな取り組みをしているか伺う。
島田市主導で言い続けること大切。あきらめないで欲しい。数億人の運命。

②水資源の発信です。バイクで旅をしていた時期が私だいぶ長くありまして、毎日水を組むのが日課だったんですが、水汲み場には必ず行列ができていた。お金をかけずにお金がかからない資源をみんなにタダでくばる。このタダの水をうまく発信できれば再び人は戻ってくるのではないか。私は提案します、井戸水を交流センター前に掘って、市街地の雰囲気作り、人を呼び戻すこと、資源の発信、を提案します。
(何十年も前から今水汲みブームです。更に環境が注目されています。商店街だけでは厳しい現実がある)

③井戸水の掘削にいくらかかりますか。一番の資源に投資しましょうよ。それとも成功するか分からないものに投資はできないと?
(身体への保証に関して説明書かきますか。大腸菌があるって。そんなヤボな水汲み場ないよ。水質検査表を掲げればいいじゃないか。上限300万の掘削で。賠償問題でたら国交省ですよ。

(3)新東名島田金谷インターチェンジ周辺

①ここの特区申請は考えているか。

③なんとなくアウトレット的発想が見え隠れしますが、どこの町だか分からない町づくり、大型商業施設で資本は都会に流れる、個人商店はさらに追い込まれる。市民にバーゲンでしか利益還元しない施設、特色ない町づくりは勘弁してもらいたい。

単刀直入じゃないと通じないと思いますので言いますが、染谷市長時代には、未来思考でよっぽど確信がもてなければ、特区申請は是非やらないで頂きたい。


私たち若い世代には、この街を活性化させるアイデアが溢れている。

上手くやれば、この町に大きな利権を持ち込める。病院は建てるとしても、しまだ最後の夢になりかねない特区申請をしないよう釘を刺しておきます。

(4)水害による避難勧告
①水害で亡くなった人のうち半数が避難中になくなっているデータがある。在宅避難のほうが安全な場合が多々あり、当局もそれを理解しているはずですが、町内に配布した避難行動の資料には、そのことが一言も書かれていない。命に関わることなので早急な改善を要望する。いつまでに改善し、配布しなおすか。いつ大雨が来るか分からないから。

3. 新病院建設について
(1)市長の理想としていた病院像はどんなものだったか。
①まずは病院について意見を述べさせていただきます。その上で(3)について再質問をします。

 新市民病院建設は、時局柄、30年前とは違い、30年後の島田市を占う上で、
今もっとも重要な事業であります。
以下の事をしっかり伝え、
私たち若い世代がこれからも島田市に暮らしていけるよう、
提言をいたします。

まずは予算コストの面です=
巨額予算を投じても医師が集まらなかったり、
医療体制の変革等により病院利益があがらず債務返済が計算通りいかなくなった場合、
島田市は首がまわらなくなる。夢を語れなければ若者は更に市外流出する。
私も先日こどもがうまれた。建設費を最大限に抑制するのは子育て支援でもある。
コストを最大限抑制してください。

建物の構造=
形の整った恥ずかしくない病院をつくってください。
10年後には市長をふくめ部長級の執行者は誰もいなくなっている。
説明責任は私たち若い世代にまわってきます。
職員も、市民も、議員もそう。
しっかり形の整った恥ずかしくない病院をつくってください。
変な形、いびつな病院はごめんです。

療養型の病床=
これをしっかり確保してください。
10年後から医療ピークをむかえる団塊世代の面倒をみるのは誰か。
在宅介護は理想かもしれないが、私の中学の同級生が8割も市外流出していて、
少ない人員で、かつ収入もままならない私たちが在宅介護をしなければならない、
これは金銭面あるいは精神面において地獄のような生活を送ることになる。
このままの社会情勢がつづけば親の面倒をみれるかも疑問です。
そのような状態で、生活よりも親への義理を通して在宅介護ができるのか、
家のローンは返せず、親の年金頼みで生活をする。これを想像すると本当に地獄です。

 私が話したこれらの心配事が全部通ってしまえば、新市民病院は世代間の負担の分担で建てたのではなく、まるっきり30代40代と次の世代が負担になる病院です。
親の面倒をみたくないといっている訳ではない。
社会情勢からいって簡単に進めるなよと言っているんです。
以上のことから、質問します。
②世代間の負担の分担とは、どの世代のことか。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。