• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログYO!!★

バイオマス発電所の誘致にがんばっています。
これをなんとか島田市に!
木都の復活!
木材、間伐材などの未利用材を燃料として発電をします。

第一次産業の復活こそが、真の地方創生につながります。
国家のすすめる地方創生事業には、第一次産業の文字がどこにもありませんから、
地方は地方でやる必要があります。

さて、
静岡バイオマス発電所(株)さんの理事で、
元国会議員の海野徹さんとは、深いご縁があり、僕が島田市の窓口をやらせてもらっています。
市長にも面談し、話がすすむかと思いきや、まったく進みませんw
現市政は「浜岡原発は負の遺産」と言い放っていますので、代替案としてのやる気をみせてほしいです。

さてw、
この発電所が建設されれば、林業家を含めて100人の雇用が創出されます。
山林の間伐整備にもつながって災害に強い森林づくりも可能です。
発電量は2500世帯分。

山林の間伐は、費用対効果を重視しているので、山林はないがしろになっています。
いま木材需要は低迷の一途ですから、利用促進が求められます。

間伐(間びき)をすることで大雨でも土砂崩れがおきにくい山の形成に役立ちます。
じっさいに平成26年度の島田市では、災害対策費が前年度より約250%に上昇しています。
対処療法ではいけません。
未来を見据えたとき、今やるべきことが明確になります。


次世代に投資できる市政、発言に責任のもてる市政を切に望みます。


バイオ発電所、 是非、島田市に、よろしくお願いします。



青山まさとら








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。