• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こんにちは。

みなさんは体調管理は大丈夫でしょうか。
RSやら色々なウィルスが流行の兆しです。
手洗いうがいをしましょう!

さて、そんなうちでも、息子が40℃近い高熱をだしてしまいました。
咳も止まらない。
12313999_1028942313826026_4024610472520135327_n_convert_20151215085422.jpg


植物由来の解熱剤と咳止めをつくります。

・キンカン、
・ビワの葉はお隣さんち庭で入手。

・ショウガ、
・ヨモギ、
・ダイコン、
・シュンギクは家庭菜園から。

・ナギナタコウジュは去年長野で採取したもの、
・百花ハチミツは金谷産。

これらをブレンド煮出し。効果てきめん!
咳も熱も瞬時に治まり、今ようやく寝ました。

探すのに苦労したのは虫殺しが散布されていない咳止めの為のミカンの皮、
隣のおじさん所有の耕作放棄地でみつけました。

おいしいものは金で手に入る時代ですが

中長期で幼児に保証付きの製品は入手が大変困難です。

また息子も抱えている熱性けいれん又てんかんの世界一の特効薬は日本で禁止されています。


禁止の理由は政治家の都合です。

ダイアップなど出来ればやりたくありません。

色々考えさせられます。


みなさんのための政治であるなら、

もっと多くの人を救えるはずです。



青山まさとら



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。