• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



島田市が未来永劫いきながらえるためには

ずばり




衣食住、エネルギー、そして予防医学

自分たちでできることは自分たちでやっていく

地産地消

持続発展
持続可能もちろんです

私はこういった地域を目指して政治活動しています


そして今までの活動として

・伝統農作物研究所
(種をつける在来作物を地元で探し出し、
それを畑で栽培。種をとって友人知人にわけてみんなで地元野菜の栽培の普及)

・バイオ発電所の誘致活動
(静岡市の企業さんが私のところにお声をかけていただき島田市にバイオ発電所の建設を考えています。4haのまとまった土地がないため市内ではこのハードルを超えなければなりません。。)

・縄文時代の作物の調査研究
(調査研究会の理事になぜか就任)

・予防医学の研究
(数年前にインドとミャンマーで東洋医学の現状を研究)


これからの時代
地方でなんでもやりこなすこと。
国の補助金や経済の価値のみに頼ってばかりはいられません。
地方自治体のあり方として、なるべく多くで自己完結できる地域づくり。

現在島田市の食料自給率は11%
田んぼを毎年1000筆つぶして宅地にしています。
人口増加のためには、農地から宅地にして、家を建てていただくのも大切ですが、
農業振興地域の解除については、その場所等において、しっかり考えをもって対応するべき。

めざすは
・食料自給率80%
・石油由来のもののうち3割程度は自然由来のものに転換を促してゴミ排出のすくないエコなまちづくり
・電力発電をなるべく地域でおこなうこと。
・健康長寿で医療費削減。みなさんが喜べる社会へ
・経済が地域でまわる仕組みづくり







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。