• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








12509694_1050201645033426_2268118838030842335_n_convert_20160125002223.jpg

毎年すごく楽しみにしている川根の梅津神楽奉納祭に行ってきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・東日本大震災の発生直後
私はボランティア団体をたちあげ、2011年3月下旬岩手県大槌町の避難所に急須と水と茶葉をもって飛び込みました。
お茶出しです。
そこで、茶の需要を掴みました。

4月、帰宅後たまたま講演を依頼されていた川根本町から連絡が入り、マサトラ氏の行動は知っている、必要な物資があれば協力したい。そんな申し出があり、無理を承知で、茶葉100キロ、急須700個、湯のみ2000個と伝え、相談から2日で用意してくれたのが、川根本町接岨峡温泉、梅津神楽に縁の深い方々でした。

…あのお茶でどれだけの人が和まれたでしょう
私はあの時お茶を飲まれた瞬間の被災者の方々の顔を忘れません。
あの時、みんながみんなに感謝していたこと。ありがとうの輪廻を体験しました。




12565623_1050201661700091_6905269871272119504_n_convert_20160125002254.jpg

大槌稲荷神社からお預かりしていたご新酒浜千鳥は今日が日の目でした。おめでたい。でも被災地の復興はまだまだ・・


そんな神楽奉納祭で不思議なこともありました。梅津流太刀の舞でなにかが降りてきちゃったのを感じたのですw。そして泣きだす一般女子w、自分も鳥肌立ちました。息子も神様こわい?と聞いてきます。不思議な体験でした。

息子には、神様は一緒にいれば大丈夫、無視してもたぶんまだ大丈夫、だけどいじめたらみんな死んじゃうと伝えました。

あるものすべてに感謝する社会が再臨すればこの国は末永く生きるでしょう。山への感謝を忘れないで生きていきたい。ただそれだけ。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。