• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



市内で在来トマト発見。

15年以上同じ場所で,野生化していて連作障害なく、そんなトマト聞いたことがないので早速研究所に

13537764_1145949205458669_1316230996815554734_n_convert_20160718153853.jpg
近所の方が、「生え過ぎていらないから持って行っていいよ」と言ってくれましたが、
苗も買えば一本100円です
13507235_1145949108792012_7656350292793837818_n_convert_20160718153805.jpg
比較はできませんが、研究所の在来キャベツ一個とトマト苗80本を交換、いや、もはや交換ではありませんね。いただいてきました。




水はけの良い畑の最上部に植えました。

タネをつける野菜は最近ではマレです。
ミニトマトは品種改良されているといえタネをつけるものもありますが、、。

市内には10種ほど在来や固定種が残っていますが、高齢者がひとりで家庭菜園でタネを継いでいる状態がほとんどです。
お母さんや近所のお婆ちゃんがタネを取って毎年栽培していう野菜がありましたら是非、タネを受け継いでおいてください!

子や孫のために!
循環型社会のために重要です!

ちなみに伝統農作物研究所「うちの畑〉では伊太ダイコンを筆頭に市内外の在来野菜を18種栽培しています。
タネを守りましょう!

青山まさとら






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。