• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



被災地に入った。
3月31日~4月5日の活動記録。

DSCN3920_convert_20110411131927.jpg

岩手県大槌町。
とくに知り合いがいるわけではなかった。
避難所でお茶だしをした。

「静岡人の静岡茶、いっぷくどうぞ」

手作りの看板を掲げて590名の避難所に入った。


茶菓子はチョコレート、岩手沿岸部では手に入らないタバコ、静岡の井戸水でのお茶出し。
たいしたものを持っていけず、はたしてこれが正しい支援なのかはわからない。
自信がなかった。まわりからも迷惑になるのではとの懸念の声もあった。
不安だった。
被災者の方々は、三週間ぶりのお茶ということだった。
一瞬でもやすらぎがほしいのではという、勝手な思い込み。
静岡県人としてお茶なら自信がある。自分のやれることをやるだけだと思った。

急須でお茶出し。紙コップではなく湯飲みで茶を飲む。
これがどれほどやすらぐかは茶人でなくてもおわかりだろう。
湯は70℃より95℃を淹れた。みぞれの岩手はまだ寒かった。

俺には現地に行かなければという大前提があった。
「静岡から?遠いところを大変だったでしょ」
よくきてくれたという言葉を掛けて頂いた。片道800キロだから、たしかによく走ったとは思う。
でも、やって当たり前のこの状況、掛けていただいた言葉に、返す言葉がなにもみつからない。
どの言葉も適当でない気がした。

子どもたちがいた。
大槌小学校は火災で焼けた。5月から新年度、6月入学式
避難所で役割をみつけられないこどもたちにお茶出しの指導。
こどもたちからもいろんな話を聞いた。
遊び道具がない児童らに、木の板に「茶」の文字をペンキで描いて遊んだ。最後に塗りつぶした。
彼らにも、そしておとなにも、今必要なのはココロのケアだと強く感じる。

復興というのはどこからを言うのだろう。大槌町は片付けだけでも最低1年掛かるといわれている。
一瞬でもいい。外に気持ちをむけられるきっかけ。一瞬でもやすらぐのなら。そう強く思う。


静岡県 人づくり推進員としての活動も視野に入れている。被災地では推進員の役割が求められている。
大学課と県教委が相談の元ゴーサインを出してくれたら、その活動にも拍車がかかるだろう。
話し相手、相談員、名目なんてなんでもいい。子供の仕事「遊び」が足りないのもわかっている。
現地で出会った避難所の児童たちにむけて、俺が受け持つ野びと塾の生徒に文通相手を募った。すぐに集まった。
こんなときだからこそ普段出来ない縁を結びたい。
教科書15万冊が津波に飲まれた。あらゆるものを教材に変えることができる人材の派遣。ココロ、遊び。これらのプロを派遣する必要がある。県は早急に派遣システムの構築など被災地支援の対策を考えるべきだろう。いまこそがんばるべきは被災地以外の住民。俺たちであり行政である。
大勢のひとが一瞬でもやすらぐかもしれないのなら俺は今後も、何度でも、個人でも大槌町に行く。
次回は来週現地入りする。
静岡の友達と「静岡ココロの支援員」をやるという決断がでた。やるだけやろうぜ。こいつは長期戦だ。

茶葉を集めている。急須。湯のみ。
せめてご縁のあった大槌町だけでも。と思っている。
いま自分ができるレベルはこの程度。悲観は不要。やるしかない。今がんばるのは俺たち。
4月11日現在、茶葉20キロあつまった。目標は、多ければ多いほうがいい。
出発は来週だが今後も茶葉の募集を呼びかける。俺の出来ることは現地に行ってお茶出しと話を聞くことぐらい。
この程度だけど、役に立っているのかもわからないけど、でも思い悩んでいる時間はない。
本当に今やるべき時がきた。
急須も湯飲みも徐々に集まってきた。


茶葉・急須・湯飲みの募集をさせていただく。
送付先
〒421-0113
静岡県静岡市駿河区下川原6-21-4
NPO法人次世代ひとづくり推進塾
代表 青山真虎
℡054-259-6420

静岡茶だし支援金の募集もしている。撮りたくないけど写真を撮って、協力者には目に見える形で報告したい。
もし行きたくても行けない茶人がいたら俺たちに託してほしい。
問い合わせ先  静岡ココロの支援員 masatorakun@hotmail.co.jp
あえてよろしくとは言わない。みなさんの哲学の下、やれることをやるだけだと思っている。
みんなでがんばりましょうね!

DSCN3867_convert_20110411131725.jpg





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。