• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



福島県にて
DSCN5169_convert_20110917205017.jpg
大雨
雨粒が口に入る
俺の軍服びしょぬれ、パンツまでびしょぬれ。

福島県人のツラさ、ほんのすこしだけど、体で理解できた。
体験でしか学べない、愚かな俺。



みなさま
おひさしぶりでございます。
まずは御礼を。

北海道で募金へのご協力ありがとうございました。
北海道の「お茶うけ」になる鮭を買うべく募金活動していたわけですが、
その鮭メス9本を、標津の漁師 椎育さんという若いアイヌ民族の方が協力してくれました。
そのおかげで募金をすべて楽器にかえることができました。
詳しくは下記に書かせていただきます。

ありがとうございました。


羅列的に書かせていただけたら幸いです。

7月
7月下旬から8月上旬、6回目の大槌町訪問
DSCN5174_convert_20110917211515.jpg

神社の神主さんが記録本を出されるということでタイプライティングのお手伝い。
DSCN5188_convert_20110917205415.jpg

その日は大槌で友達になったひとの仮設住宅にお邪魔して、避難所同窓会。飲み会。
DSCN5184_convert_20110917205245.jpg

大槌6回目にして初めてバイクで被災地訪問したわけですが、
仮設住宅や青空カフェにいらっしゃった多くの大槌町民のみなさまにお声を掛けていただいて嬉しかったです。
一瞬でも楽しんでもらえたらバイクで行った甲斐があります。
DSCN5168_convert_20110917213049.jpg
バイクのボックスにはいつものように茶葉を茶筒に詰めたものが目一杯入れてありました。




8月
岩手沿岸ついでに八戸まで走り、そのまま北海道入り
毎年恒例のツーリングのつもりが、被災地支援活動に終始

被災地の現状を伝える写真と、急須、湯飲み、茶葉を持参して参りました。


8月6~7日
募金活動
北海道根室市厚床
DSCN5287_convert_20111004220634.jpg
バイクイベント霧ミーティング
道内と本州のバイク乗りのみなさま、ご協力ありがとうございます!


8月9日~10日
お茶会募金in釧路
北海道釧路市鳥取大通 バイク屋 カスタムガレージにてお茶会募金活動
静岡県産茶葉を使用し、北海道民のみなさんにお茶を飲んでいただく
DSCN5335_convert_20111004220732.jpg
釧路と厚岸、白糠などのみなさま、ご協力ありがとうございます!
志が高い人って案外いるんだ、という白糠の方の言葉が印象的でした。


8月16日
お茶会募金in阿寒湖アイヌ部落
普段の阿寒湖は、アイヌ民族が発信する場所です。
今回はこの阿寒湖で、静岡茶を振舞い、多くのアイヌのみなさん、全国の観光客のみなさんに喜んでいただきました。ご協力ありがとうございました。

お茶は水が命です。阿寒湖の水を使用する一日限定イベント。阿寒湖の水は超軟水!静岡茶にぴったりです。
静岡をPRできて、多くのみなさんも喜んでくれて、被災地にも協力できる。
全員が喜べるイベントになれた気がします!!
DH000001_convert_20111004221207.jpg

DSCN5395_convert_20111004221102.jpg

DSCN5391_convert_20111004220832.jpg

DH000002_convert_20111004221301.jpg



世界ムックリ大会で優勝経験もある、アイヌのばあちゃん弟子シギ子さんに絵本10冊を岩手の子ども達にと頂きました。
2162529_1261442088_207large.jpg





集めた募金8万円でアイヌの楽器ムックリ180本を購入。
2162529_1310481813_177large.jpg


大槌小学校の全校生徒に手渡しました。





さて、次のお茶会会場、阿寒湖に向かう道すがらのことです、バイクが壊れました。
いままで23万キロ、地球6周分を走ってきた我が愛車でございますが、
いよいよエンジンからとんでもない異音がなりだした次第で、
一般市民のみなさまには大変申し訳ない次第でございます。

一旦静岡に帰り、島田の小学校で講演会を終えて、ふたたび釧路にバイクを取りに行ったわけですが、
講演会でバイクをみせられなかった島田四小のみなさん、ごめんなさい。近々遊びにうかがいます!




そんなわけで、釧路に戻ってからは毎日バイクパーツ探しです。
意外とハーレーのパーツは国内にないものです。
ようやくみつけたと思っても、取り付けできないものもあったりして。。
DSCN5615_convert_20111004221948.jpg


毎週、大槌の人たちから電話がありました。
故障したバイクは大丈夫か、君の心が心配だ、等。
彼らのほうがよっぽど大変であろう日常のなかで、ひとを気遣う心

DSCN5874_convert_20111004222746.jpg
仮設住宅にて。
エアコンしかなく、冬の寒さが心配される

今回の震災では、「大変な想いをしているひとほど、ひとに優しい」と、何度も言ってきました。
しかし今回のバイク故障の件では、この言葉すら大槌の人たちには軽く聞こえてしまう。
それほど、大槌の人たちは優しく、素晴らしい人たちが大勢いることを実感しています。

DSCN5857_convert_20111004223236.jpg
大槌稲荷神社の神主さんとキノコ取りにでかけ、ついでに三陸海岸まで足をのばしました。
三陸の海岸ではガレキが漂着しています。なかには家庭用ガス缶が岩の間に挟まってて少し怖い。
フジツボの着いていない白い岩肌をみた神主さんは、
「三陸の土地が50センチ陥没したというのは本当だったんだ・・」


大槌の小学生に絵本と楽器ムックリを手渡し、大槌小6年生に楽器指導をして、今回の旅は終わりました。

今後も、できるかぎりのことをしていきたい所存です。

みなさま、今後ともご協力をお願いいたします。

いつもありがとうございます!


静岡ココロの支援員
http://shizuoka-kokoro.petit.cc/
青山真虎








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。