• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



hokaido.jpg
先月北海道へ旅立った。
十勝連峰での焚火
ほっとけばいつまでたっても帰ってこない旅癖のついた私だったが、そんなある日ついに県警本部から呼びだしがきた。

呼びだされたからには何か悪いこと?、と思いきや、二輪車の交通安全を呼びかけるためのイベントでの講話のためだった。

最近は走るのが仕事みたいになってきたので、警察は普段敵と思いがちだったけど、
いろいろな警察官と接していくうちに交通安全の重要性をいつでも考えている、市民のために真剣にやられている先輩と呼べる方々が多かった。
話してもわからない人というのはどこにでもいるが、どこの組織でも上に立ち続ける人というのは、まず人の話を最後まで聞ける人が多いように感じた。
その点、私などは人の話を最後まで聞かず憶測だけで趣旨を理解する。
そのあたり自己中なわけです。

さて、交通安全のイベント。

「車の運転は他人への配慮から始まる」
「二輪車はいつなにがあるかわからないから後悔なきよういつでも家族に想いを伝える」等

いつも学校で生徒たちに伝えていることをそのまま伝えた。
県警イベント縮小



じつは苦手だったひとがいたのだが、二日間通して関わってみると、素晴らしく優しいひとだということがわかった。
私の悪い癖、それはそのひとを簡単に判断すること。
日頃からよくないと思いながらも苦手意識をもつ時点で未熟な精神を開示した結果となった。

世界は危険だろ?と色々な人に良く聞かれる。
しかし、悪いヤツと良い人の割合や比率というのはどこの国も一緒だ。
あらゆる人の集合体も同じことが当てはまるものだが、こと警察機関は何事にも真剣なひとが多く、イベントに参加させて頂きいろいろなことを学ばせてもらった。

人生は、真面目でなくても真剣でいればいい。
ただし、車の運転に関しては真剣あんど真面目に走っていきたい。

自分を振り返るうえで重要な催しになった。

ありがとうございました。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。