• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



金谷茶まつり無事終了しました。
来場された方そして金谷島田の道中仲間のみなさま, 気にしてくれた方 本当にありがとうございました!!地元や日本を元気に盛り上げたいの一心で 島田大祭の仲間もいることから 急遽参加させてもらいました。出陣式では道中長や支部長挨拶のあとに異例の激励という名の演説をさせて頂きました。

参加された全員からなんと全員に ありがとうの声が聞かれ、金谷茶まつりは我々世代がいなくなっても永劫残っていくと感じました。感謝。

農作物の収穫前に農作物の神に対する奉納まつり。それは、縄文時代から生き残ったアンティークな日本古来の信仰です。今回35回金谷茶まつり 第一屋台コンセプト「絆 がんばろう日本」、被災地への絆、そして我々 金谷 島田 日本の絆。世界にみせつけてやりました!!


時代が変わるとき、そこには必ず神社や祭事がありました。
時代を変えようとする改革派と、いわゆる保守派
戦いの瀬戸際で、すべてを丸く治めたのが、祭りだといわれています。
ええじゃないか ええじゃないか
祭りのノリをそのままに私生活に戻った日本の民は、玄関先でええじゃないか。家にあがってくれてもええじゃないか。この服ええじゃないか。じゃあもらってやってくれてもええじゃないか。ええじゃないか。ええじゃないか。そうしているうちに、いつのまにか世の中が変わっていたということです。
いま日本に必要なのは祭りです。地域世代一丸となれる、それが祭りです。
ええじゃないか。ええじゃないか。
そんな先祖たちの祭り精神を忘れずにいたい。

ちなみに金谷茶まつり、そして島田大祭での掛け声は、
やれやれやれよ やれやれやれよ
ええじゃないか精神は脈々と受け継がれていました。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。