• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ねむれない
別に不眠症ではない

バイクの白煙がどうとか、週末のキャンプがどうとか、そんなことじゃない
ただ眠れない

時計が朝に近づいた頃、部屋の片隅に半年前もらったギフトが目についた
それは丁寧にラッピングされた箱入りワイン
俺の部屋には不釣合いなものだった

1978
俺の生まれ年
ラベルはスペイン語
どこで生産されたかは不明だ

世間からみたらワイルドな紙の破り方
箱のフタを投げ捨てたときはワインしか目に入らない
さっそく栓を抜く
濃厚で香ばしいかおり

ワインは湯飲みで飲むのが日本人だ
濃度が15%前後なら なお更だ

マキリでチーズを切り、そいつをひと口
ワインはそのあと
ちゃぶ台にPCで旅する時代
自分も我の道をゆく

飲んだワインは紹興酒そのものだった
さすが31年モノだね
濃厚すぎて胸焼け寸前
チーズの苦味が暗闇で過ごした甘みを助長する
1万日の軽い熟成

ユノミでワイン
日本人のみ体験できるワインで一番贅沢な飲み方だ
さらにワインと漬物
日本人の贅沢だろう、ちゃぶ台湯飲みにワインに、大根の浅漬け
最高だ

コダワリこそ人生ジャマものだと最近つくづくおもう
なにものにもなるな、なにものにもなれないのだから
誰かになろうとするな、誰にもなれないのだから
無理しても楽してもどうせ同じ、どうせまったく同じ!
苦しみ他人と同調するのも、自我を認めて笑うのも、どうせ同じ瞬間だ
ならどっちを選ぶ?
なあ、どっちだ

ワインは湯飲みでいただけ!
枠こそ誰かの仕業だ
自由という言葉こそ、誰かのシワザから抜けだしたい願望だ

バイカーがなんだ
ライダーがなんだ
人間がなんだ
動物がなんだってんだ!
動物植物、すべて同調してこそ素晴らしい人生があるんじゃないのか
すべて受け入れてこそ有意義な時間がすごせるんじゃないのか
枠こそ誰かの仕業だ!
楽に行こうよ
苦しむのはコリゴリだ

人間は死ぬまで自由なし
だとすれば、心のなかにのみ存在する自由

それを実感できたのは漬物とワインの格別なセットの発明でした
セットで80えんで発売しています、自由です
酢味噌漬けアイヌネギとワインのセットを挑戦するかたは今無料です
絶対夜の家業ではありません昼すぎです
酢味噌と紹興酒を想像してください
絶対居酒屋ではありえません
好き嫌いの一切ない俺がいうから間違いありません
酢味噌&紹興酒 絶対無理です
漬物とワイン合いますよ

なんの話だよ
わしゃねるぞ
じゃあの


自己中人間なにがわるいの会 会長より



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。