• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



40951351_2275619638.jpg

神楽(かぐら)に出会ったのは、野びと塾の事前訪問がきっかけでした
キャンプ前の数回目の調査で、廃校になった小学校の体育館から笛の音色が聞こえてきました
それまでは神楽といっても友達の結婚式で獅子舞を一緒に踊って演奏したぐらいで、
その時はそれほど感動はありませんでした
廃校になった笹間小学校の体育館で、地元の中学生が練習をしているそんな場面をみて、
とても感動したのがきっかけです

廃校になった小学校長に神楽の会のフライヤーを渡されて、行って見ようと思いついたのが今日です
神楽とは、神が舞う 儀式です
無病息災や災難から身を守るもの等等

髪が舞うではありません
最近、シャンプーを完全に石鹸にしたところ抜け毛がとまりました
おかげで髪の毛のボリュームが増えたのは気のせいではありません
神が舞うとは、そんなことではないのです

さて、この週末はバイク乗りのキャンプに焚火がなくなるまで顔を出したその足で山間集落の集いへ
山岳地の収穫祭にお手伝いに行ってきた

地元の野菜を売る、という飲み会ですね
10もの集落が一同に会する年一回のハーベストフェスタ
手伝った集落は夏野塾でお世話になった楢尾
到着と同時にビールをご馳走になりながら標高650mの高原野菜で売り出すと好評
まずまずの成果で帰路についた

夜は神楽の集いへ
収穫祭からひとつ隣の山岳地帯の小学校体育館へ
市街からかなりの山間だというのにものすごい人出
生徒数3名の小学校に1300人ものひとびとが神楽をみに集まっていた



神楽(かぐら)とは、神が舞うものだ
我々人間の無病息災や、神様や大昔の殿様の鎮魂であったり、悪い神様を追い払うもの
スサノオという暴れるのが大好きな神様の気持ちを鎮めるものだったり
多用な目的のもと、神棚の前での儀式がおこなわれる、それが神楽です
色々な踊りのなかで、友達がでている笹間集落の恵比寿様の舞いが最高によかった
恵比寿様そのものの踊りや仕草は表現しがたい最高の出来映え
40951351_517543307.jpg







神に扮した舞台の人は時にお面をかぶったり、もちろん人間として神様を祭る儀式もおこなわれた
高い音色の笛と、魂を揺さぶる和太鼓のリズム
日本人であることをとても嬉しく思った
神楽の良さを理解できない外人は日本の心も理解できないと思ったけど、外人もこの音を聞けばそれだけで魂が揺さぶられるはずだ

舞台にあがったどんなひとも、とても強いオーラを放っていた
恵比寿さんはそのまんま恵比寿さんだし、人間は舞台にあがることで神に近づく
このオーラに同調すると、もれなく鳥肌たちっぱなし
ある神主は最後の神楽で涙を流し、観客からは鼻をすする声

南米インディオの笛の音も最高だけど、やっぱし日本
日本人に生まれてきたことが本当に嬉しい
この神楽で、自分が日本人であることを改めて自覚した



みなさんも神楽いかがですか?

神楽、今後ハマりそうです


40951351_3255719849.jpg
ちなみに、いま帰宅しました
この神楽、朝の4時までやっています
13時間ぶっ通しで神が乱舞していました
最高のイベントありがとう



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。