• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



DSCN8493_convert_20120808211943.jpg

人は必ず死にます。

みんな一人では生きていけないのに、
みんなひとりで死んでいきます。

どれだけ貢献できるか。
人の役に立つことを怖がってはいけない。

釈迦







明日からオランダに行って来ます。
・バイオマスエネルギーの視察です。
・ついでに海抜より低い土地での農業成功例
・風力・水力への移行

まさに原点回帰をはじめたオランダ政府とアポ取れました。明日出発です。





「防災に強いまちづくり」
という標語を、最近よく見かけるようになりました。
3・11以降から本当によくみかけます。

では、防災に強いまちとは、どういう姿をしているのでしょう。


先日、島田市民67名のみなさんと、大槌町の臼沢良一さんの講演会を現地でお聞きしました。
災害時は行政に頼れない。自分の身は自分たちで守る。
いままでの経験は何の役にも立たず、今までの人とのつながりだけが残った。
そんなお話をしてくれました。


私はこう思います。
行政がテクニカルに災害に強いまちをつくっても、
そこに「住民」の思想が入らない防災システムは、本番で力を発揮できない。


そして私はこう思います。
町内会レベルで日頃から培ってきた「つながり」を最大限発揮できるのが災害時だとしたら、
普段から町内会レベルでなんでもこなせるスタイルを早いうちに確立しておく必要がある。
たとえば「発電」や「野菜の自給」。
ついでに燃料も。


絆で成り立つ社会の構築。


町内会レベルでの指標を作っておけば災害時に交通網が寸断されても町内は平気です。
ついでに別の地域から避難所として人を呼ぶこともできます。


たとえば戦争など自分たちだけが利益をあげるような考え方の社会は必ず終わりがあります。

絆で成り立つ社会に終わりはありません。

これこそが、本当の意味での「災害に強いまち」です。
私は防災のスペシャリストではありませんが、色んな現場に足を運んで、人とのつながりこそ、そんな場面を多くみかけてきました。

福島の原発事故で、放射センに脅かされた私たちは、これをきっかけにして、新しい世界にふれなければいけません。新しいといっても、人間のやっていい範囲を超えないところで。



いままでは目に見えない誰かに頼った生活
これからは町内に頼った生活。



というわけで週明けは富士五湖でおこなわれた次世代バイオマスエネルギーの勉強会に行ってきました。
528559_393382330715364_1632470798_n.jpg
泊りがけです。

先生は本気でした。参加者は娯楽の域を超えている方、そうでない方、ばらつきはありますが目的は一緒です。
こういった会を何度も開くことで、一般や行政の理解を得られるとは思います。
とはいえ外部からの提案では限界があるのも事実です。内部からの改革こそ早道ではないでしょうか。
先生も本気とはいえ、バイオマスエネルギーのサンプル資料がほとんどないのがこの国の現状です。

オランダ政府等のいままでのバイオマスエネルギー研究成果の視察に行って来ます。

それに「菌類」、今後この菌類に関して、人類に良い影響を及ぼすための研究を進めていく必要があります。
とくに原発事故のおきた日本では菌細胞が及ぼす放射線除去の影響等、無限の可能性あります。

そのあたりも含めて、明日から視察の旅に出かけてきます。


19658340_62491881s.jpg


繝代Μ・槭い繝繧ケ繝・Ν繝€繝+(408)_convert_20120809140402
2008年世界一周中 オランダのバイオプラント前にて。

この写真を当時日本の友達にみせたらサムライといわれたのを覚えています。
この頃は死ぬ気でなんでもこなしていました。実際死に直面したことも数回ありました。

今回はバイクでなく飛行機なので命がけではありませんが、しかし気合だけは入っています。



オランダには長く滞在していたので友達も大勢います。



繝代Μ・槭い繝繧ケ繝・Ν繝€繝+(710)_convert_20120809140034

アムステルダムのバイク友達が日本のことすごく心配しています。
日本人の元気な姿をみせたいと思います。

まずはオランダへ。








コメント
この記事へのコメント
初めまして
青山さんのブログ購読させていただいております。
いつも、考えさせられる内容であり、更新を楽しみにしております(*^^*)
2012/08/15(Wed) 18:30 | URL  | ゆき #ehuBx04E[ 編集]
Re: 初めまして
> 青山さんのブログ購読させていただいております。
> いつも、考えさせられる内容であり、更新を楽しみにしております(*^^*)

ご購読ありがとうございます。
御言葉大変恐縮です。
どのような形でお役に立てるかわかりませんが先代たちから受け継がれた絆を最善の形で次世代にお渡ししたく思っております。
色々と教えて頂けたら幸いに思います。
よろしくお願い致します。
青山真虎
2012/08/16(Thu) 16:54 | URL  | masatora #-[ 編集]
いってらっしゃいませ!
オランダですか?

昔、九州で出会ったオランダ人の友人がおります。
ヒッチハイク中の彼を車に乗せて仲良くなりました。
アムステルダムにいるそうです。いつか会いに行こうと思っております。


ブログ、また見させていただきます。
2012/09/14(Fri) 00:33 | URL  | まったり亀 #MkgAoDiE[ 編集]
Re: いってらっしゃいませ!
亀さん、こんにちは。
オランダ人が日本をヒッチハイクしているんですね。
そのオランダ人も亀さんのおかげで良い思い出ができたでしょうね~。
さて私はオランダの視察をおえてインドとミャンマー視察にでかけておりました。
米が年3回収穫される地域の若者とがっちりつながりました。
農家削減する国の方針がこのまま続けば食糧難に陥ります。
ただでさえ食料自給率40%の日本で輸入がストップすれば10人に4人が餓死すると言われています。
このまままかせっきりでは後々こまったとき目も当てられないので民間レベルでの友好が重要と考えています。
2012/09/22(Sat) 03:49 | URL  | masatora #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。